ID管理マネージドサービス『Keyspider』

クラウドサービスはもちろん、オンプレの社内システムとも簡単にID連携できる

企業内のそれぞれのシステムに存在するユーザーID、パスワードや、組織、権限情報などを、一元的に管理し、企業内のすべてのシステムに同期。企業内のユーザー情報、権限情報を統合的に管理します。

ID管理マネージドサービス『Keyspider』とは

ID、パスワード、所属、権限情報などを統合管理し、各システム向けに配布する、ID管理マネージドサービスです。クラウド上、オンプレミス上問わず、KeyspiderでID情報を一元的に処理します。
これにより、「誰が」「どのシステムに」「どのような権限で」アクセスできるのかをコントロールし、企業のセキュリティを強化するとともに、監査にも対応可能。管理者の負荷も大幅に軽減します。

サービスの特徴

クラウドでも社内システムに簡単に連携

SCIM、SQL、LDAP、CSVなど、様々な方式で、BOXやSalesforce、Zoomなどのクラウドサービスはもちろん、社内システムとも、簡単に接続することができます。

 

勤怠管理や経費精算などの国産サービスにも対応

Keyspider独自の方式により、APIが提供されていない、もしくはSCIMなどの標準プロトコルに対応していないシステムとも、簡単に接続することができます。
勤怠管理、経費精算など、日本ベンダーが独自で開発されたサービスにも対応しています。

 

スピーディーに導入

Keyspiderは、クラウド上から提供されるサービスです。また、ご要望によりお客さま環境内での導入にも対応いたします。

導入までの流れ

動画

【ID管理マネージドサービス:Keyspider】

その他、こちらから過去セミナー等の動画をご覧いただけます。
 


PAGE TOP